長州イズムって何だ!? 第20回

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / 長州イズムって何だ!? 第20回

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

長州イズムって何だ!?
連載20 文 安田拡了
〜10・9両国の日。道場で留守番を命じられた宇和野は「なぜ連れていってもらえないのか」と思った。

「この間、ZERO-ONEに行ったんですけどね、(石井)智宏なんか安心して見てられますよね。自分が触っている選手だから言うんじゃないけど、ほかの選手と比べてコンディションが違いますよ。(宇和野)貴史なんかも体がひとまわり大きくなってきた。体が大きくなってくると変化するわけだから喜びがあるんでしょうねえ」
 長州がそう言った。
 それだけリキ・プロは練習をやっていて、選手も白分たちの練習に自信を持っているということだ。
 まあ、練習については何度も書いてきたので、横に置いておこう。
 和田城功は腰を痛めて、いま練習を休んでいる。きっちりと治すまで試合には出ない。まだまだ時間がかかるらしい。だから、みんなが練習をしている時は食堂で「ちゃんこ」を作っている。
 しかし、このところ様子がおかしいと宇和野が言う。
 理由は新日本の10・9両国大会にあるらしい。同大会は言うまでもなく長州が殴りこんだ大会だ。
「あの日の深夜、和田はテレビで殴りこんだ光景を見て興奮して寝られなかったようなんですよ。朝も、そのビデオを繰り返し見ていた。それ以来、ちゃんこを作りながら、食堂の窓越しに僕たちの練習を悔しそうに見ているのがわかるんですよね。練習したいのに腰が悪くて、練習できない。この重要な時に練習したくても練習できないんですから」
 ノンビリ屋の宇和野が気づくくらいだから、相当に悔しい顔をしていたんだろう。
 しかし、練習をしている宇和野だって同じだ。もちろん練習はいつもどおりだが、何かしら胸に熱く突き上げてくるものがあった。
 10・9両国大会の日。宇和野は道場で留守番をしていた。長州に「残っていろ」と言われたからだ。
 宇和野は「なぜ連れていってもらえないのか」と思った。しかし、長州力がリングに上がって、新日本の選手たちがドドッと押し寄せてきたのをテレビで見た時、半ば傍観者のような気分になっている自分に気づいて、その理由が分かったような気持ちがした。
 あの場合、何が起こるかわからない。長州はハプニングの真っ只中にいるのだ。そんなところに宇和野は危なくて連れて行けないと長州は配慮したのだろう。
 宇和野はプロレスラーとしたら恵計れた大きな肉体を持っている。
 本来ならば、もっともっと目立ってもいい。しかし、生来のノンビリとした性格が、若い時代に持つ野心というものを閉ざしてしまっているようだ。
 試合中は何が起きるかわからない。咄嗟に何をすべきか。その能力をもったプロレスラーは成功する。アントニオ猪木は、努力と咄嗟のひらめきでトップレスラーになった。それは長州も藤波もそうだろう。
 宇和野はそういうレスラーではない。キャリアを積み重ねていくことで、どんどん味が出てくるレスラーと言っていい。
 ノンビリしていても年期を積んだレスラーなら、ハプニングには落ち着いて対応できるが、まだまだ若い宇和野には大きなハプニングは負担になるのだ。
 長州が「残っていろ」と言ったのは、それが分かっていたからだ。
 ノンビリでマイぺース。長州が殴りこんだ模様の放送が始まる時も寝ていて、和田に起こされて見た。「さすが長州さんだなあ!」と熱くなり、感動した。だが見終わるとすぐに寝てしまうところが宇和野のキャラクターと言っていい。
 この宇和野のキャラクターに何かが加わると非常に興味深いレスラーになる。これから新日本との抗争も考えられる。その中で何かが見つかれば。いや、待っているのではなく、見つけ出すような試合をしなければならない。
(続く)

週刊プロレス No.1230 2004/11/10号(10/27発売)より


他の回をチェックする

長州イズムって何だ!?に戻る
Hall of Flame(爆弾/危印発言集)に戻る
マグマに戻る


  • このシリーズ中、宇和野だけワロタ -- キッシュ 2004-12-29 (水) 11:06:48

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:20:24 (1663d) HTML生成時間: 0.049 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29