WRESTLE MAGMA

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / WRESTLE MAGMA

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

WRESTLE MAGMA

その団体のみならず、業界全体を代表する、と言っていい年に一度の大大会。
出場できるというだけでステータスになる大会のメインに日本人として初めて出場する男。
彼は試合前というレスラーとして一番大切な時間に私が日本のプロレス雑誌の記者だというだけで
インタビューを受けてくれた。

「お久しぶりです」
「本当にお久しぶりです(笑)」
「受けていただいたのは大変ありがたいのですが、いいんですか?」
「え、何がですか?」
「この後試合ですよね。しかもメイン。」
「あぁ、いいんですよ。こっちの取材なら断りましたけど折角日本から来て下さったんですから。
 ほら僕って昔から気が小さいじゃないですか(笑)喋ってる方が気が紛れますから。」
「そうですか。では時間もないので遠慮なく。」
「どうぞどうぞ」
「まずはこの大会に、メインで出場する、と決まった時の気持ちはどんな感じでしたか?」
「何言ってんですかボス?って(笑)去年から今年にかけて全力でわき目も振らずにやってきて。
 それが認められたんだな、っていうか。ホント今まで生きてきた中で一番充実してましたね。
 周りのレスラーに「おまえはクレイジーなんじゃない。不死身でクレイジーなんだ。」って言われましたからね。
 「止まると死ぬのか?」とか(笑)でもそれぐらいやらないと、ここに入れないって思ってましたから。」
「やはりそこまで思ったのは...」
「えぇ、あの一件とその後に見たファンの応援と言うか叫びですね。僕機械疎くてパソコンなんか
 触ったことなかったんですけどあの一件の後妻にあなたのことがたくさん載ってるわよって
 HP見せられたんですよ。そこに書いてあったこと読んだら...」

下を向いて唇を噛み締める。

「すいません。思い出しちゃいました。そこにはあの団体に入る前から僕に対しての声援が書いてあったんですよ。
 あれ読み終わるのに何日もかかりましたけど、 読み終わったらもう立ち上がって飛行機のチケット手配してもらいましたね。」
「そこからはもう皆が知っている通りの大活躍で」
「大活躍って言うかさっきも言った通り何も考えていないっていうか。全力でただ前だけ見てましたね。」
「これは答え辛いかと思いますのでノーコメントでも結構なんですがあの当時関わっていた人達については...」

ここで扉がノックされた。
扉が開いて早口の英語がやり取りされる。
「すいません、時間になっちゃいました。この続きは又後日ということでいいですか?」
「えぇ勿論です。この大切な時間に本当にありがとうございました。」
「いえいえ。こちらこそ十分に話が出来なくてすいませんでした。」
こう言って彼は手を差し出してくれた。
その大きくて暖かい手を握り返し、部屋を出ようとすると
衣装を身に纏った彼が
「お詫びといってはなんですけど入場口まで一緒に行きませんか?なかなか行ける所じゃないですよ(笑)」
と声を掛けて、私の返事も待たずに部屋を出て行ってしまった。
慌てて追いかけるとまるでモーゼの十戒のように人が脇に退いていく通路のど真ん中を彼は胸を張って歩いて行く。
退いた人たちが彼に向けるまなざしには尊敬、敬愛、色々な暖かい感情が混ざっている。

入場口の前で一度止まるとこちらを向かずにこう言った。
「さっきの質問の答えなんですけど、今日入場テーマとリングネームが変わるんですよ。色々ありましたけどそれが答えですね。」
彼の入場テーマは師匠とされるレスラーの曲をそのまま使っていたが...
スタッフに促されモニターのある場所まで連れて行かれる。
そこにいつものギターの音ではなく女性の声が響いた。
「Take the dream! Like a storm!!」
そしてその後に続いた音楽!!日本のプロレスファンなら誰でも知っているであろう曲。
思わず彼の方を見ると入場口のカーテンをくぐる寸前でその口元は笑っているように見えた。
モニターには当代不出と言われた選手から技とともに受け継いだ赤と黄色の衣装を身に纏い
観客からの声援に満面の笑顔で応える彼が映っている。
リングアナが声援に負けまいと大声でアナウンスする。
「WWE world heavy weight champion〜〜 Immortal TAKAO”MAGMA”OOMORI〜!!!!!」

試合後彼はパワーホールを会場に鳴り響かせながら師匠譲りのポージングを取って
レッスルマニア過去最大動員の観客を沸かせていた。

出典
【中嶋君vs】wj総合364【まなや君】
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1066820060/38
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1066820060/43
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1066820060/49

マグマ文庫に戻る


  • 時期が時期だけにケンゾかと思って読んでたら、見事にオとされますた -- 2003-10-23 (木) 02:13:26
  • ( -- 2003-10-23 (木) 03:23:43
  • (つ∀`)・゚・ -- 2003-10-23 (木) 03:24:19
  • 自分が書いた話です。マグマ文庫入りして下さってありがとうございます。 -- 2003-10-23 (木) 09:37:14
  • いい人や。。。 -- 2003-10-23 (木) 17:07:41

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:12:04 (892d) HTML生成時間: 0.014 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29