生ゴン永島vs中村1

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / 生ゴン永島vs中村1

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

生ゴン永島vs中村1

12月1日(21:00)、生GON月曜日(司会・三田佐代子=元テレビ静岡アナ、プロレスキャスター歴6年)放送開始。
  • いつもと違ってオープニング映像の前に煽りが。
    • 「FIGHTING TV サムライ開局7周年記念」
    • 「マット界激震!」
    • 「ついにあの二人が対峙する!」
  • そしていつものオープニング後、まずは三田ひとりが席に座った状態でスタート。
  • 今日のニュース及び、昨日の試合をダイジェスト映像で紹介。ZERO-ONEマットでの大森さんの試合あり。
    大森「ZERO-ONEのリングは活気ねえな。WJは選手が少ないが活気があるぞ」など。
21:26、いよいよ討論へ。
三田続きましては嵐の予感が致します、こちらのコーナーです。

VTR「運営方針を批判した谷津はWJ崩壊を予告。そして11月2日、WJ静岡大会。
長州軍対労働組合の4対4全面対抗戦が行なわれた*1
(長州)『誰がどういう形でどういう具合に討って出ようが、うん、一寸先は闇だよ』(画面白黒に)。
この長州の凋落ぶりに、橋本真也が2年10カ月に渡る沈黙を破り、怨敵、長州力について言及した。
(橋本)『長州力は死んだ』。
橋本の発言を受け、怒りをぶちまけた長州。新聞紙上で舌戦を繰り広げた。
一時は橋本の挑発を受け流して来た長州だったが、直下型大地震を予言
(乱入、何がやりたいんだコラー! のシーン)。
橋本との遺恨清算を覚悟した長州が、11月13日、ZERO-ONE道場で行なわれた会見に単身乱入。
(コラコラ問答の一部始終)
そして、ZERO-ONE中村専務が紙面を通じ、
(中村)『選手は一流、フロントは五流』
と批判。それに対し、永島専務は。
(永島)『あんな若造にそういうこと言われる筋合いはないですね。
僕が言いたいのは、WJというものに対する、罵倒の気持ちを持ってる中村に対して、気概があるなら来いということです、真っ正面から。
えー、専務か何か知らないけども、そういう、そんなことを言われた。
言われる筋合いはない。乱暴な言葉で言えば、ナメんじゃねえよということですね』。
全プロレスファン必見、橋本・長州の代理戦争。
ついにこのふたりが生ゴンスタジオで熱い激論を繰り広げる!

VTRが流れている間に、中央の三田を挟んで両者が着席した模様。画面右に永島、左に中村。
三田それではご紹介致しましょう、まずはWJから永島勝司専務にお越しいただきました。
よろしくお願いします。ようこそお越しくださいました。
永島どうも(※周囲を軽く見渡す)。
三田そして、ZERO-ONEから中村祥之専務です。
中村こんばんは(※うつむいた状態から、目を閉じたまま少し顔を上げる)。
三田ようこそお越しくださいました。よろしくお願い致します。
これまでは新聞紙上、マスコミを通しまして間接的にですね、おふたりの主張をぶつけてらっしゃったと思うんですが、
今回はこういう場所でご一緒していただくことになりました。
そもそもおふたりが直接顔をお合わせになるというのは、かなり久々ということなんですか?
永島ああ、全然会ってないですね。
三田中村さんのほうも。
中村(うつむいたまま)ま、ZERO-ONE創ってからですから、3年ぐらい……ですね。
三田ということで、非常にですね、えー、なかなか難しい立場の中、おふたりにお越しいただきましたので、
今回はさまざまな、直接の思いの丈をぶつけていただきたいと思います。
まずはですね、本日のトークバトル、こちらのテーマから参りましょう。
VTR「橋本と長州、遺恨と確執は2000年末まで遡る。
新日本での団体内独立を目指した橋本は、当時の現場責任者(=長州)と対立。
橋本は全日との対抗戦路線を拒否し、NOAH参戦を表明すると関係は悪化。契約を解除される。
橋本の指名で2001年1月4日、東京ドームでの遺恨清算マッチを行なったが、
藤波社長の裁定で試合はストップ。そのあと、お互いの名前も口にしない状態が続く−−」
三田はい。そもそも新日本時代は同じ職場でおふたりとも働いてらっしゃったと、いうことなんですけれど、
こういう風に団体をお互い違えてしまったということで、
どのあたりからこの亀裂は、永島さんとしては一番何が相容れなかった部分ですか?
永島いや、俺に亀裂なんかないですよ。
三田その時は……
永島コイツが勝手にものを言ってるだけの話なんで*2
三田当時*3永島さんは、その時はまだ新日本にいらっしゃるお立場で……。
永島新日本にいたですよ。うん。ま、いろいろあってね、
まあいろんな顛末を言うと、長い時間かかりそうだけども、あの、まあ中村……祥之にしてもね、
まあ橋本にしても、やっぱり希望を抱いて何かをやったんだから、それはそれでいいんじゃないですか。
三田ということですが、祥之さん……。
中村……あ、その前にですね、あのー*4橋本代表から。7周年おめでとうございます。
三田あっ! ありがとうございます! ありがとうございます、お気遣いいただきまして。
中村いやとんでもないです。
三田さあ、あのー、ZERO-ONEを創った経緯というのは非常に、苦しい中でのことで、創ってからしばらくいろいろありましたけど。
中村……うーん、まあ希望を持って、創って。まあただしね、その当時は、その、左におられる専務がね。
ま、いろいろと……うん。まあ、あったからね。僕らもいろいろ自分たちながらに苦労してやって来たつもりだし、うん……。
ま、はっきり言っていい感じは持ってないですよ。
三田その永島さんが、新日本を出てWJをこう、お作りになった時というのは、正直どういうお気持ちだったんですか祥之さんは。
中村ま、正直あの頃はね、あのー、ビックリ、ね、しましたよね。
新日本プロレスに骨を埋めるんじゃないかなと思ってたから。うん、正直ビックリしましたけど。うん。
ま、今は団体は違うし、会社と会社同士がね、もう敵同士だし。ひとつ……、うーどうかな、
今はプロレス界というのはすごく会社が多いからね。
ひとつ……、あ、なくなるっていう言葉はおかしいけど、うん、ひとつ……、興行できなくなるっていうことはね、
んー、プロレス界にとってはマイナスには絶対ならない。プラスにしかならない。うん、僕はそう思いますよ。
永島「興行できなくなる」ってどういう意味だよ。
中村ん、いやいやいや……。
三田……それはもう、WJが。
中村いやまあ、報道されているとおりだと僕たちは解釈してるんでね。
永島だってウチだって興行やってるじゃねえかよ。
中村やってる? やってるっていうか、まあ。
永島何を称して、何を称してやってねえっつうんだよ。
中村1月の5日のものまででしょ? 発表されてるのは*5
永島いやー、あのー……。えー、1月の10日、11日は札幌のテイセンでやるよ。うん。
三田……あのー、今回は最初、ことの発端はですね、新聞紙上でお話があったということなんですけど、
そもそもなぜWJという名前をZERO-ONE側から出されたのかなと。
中村ダーブルジェイというより、橋本真也代表個人が、長州力選手に対してね、あのー、モノを言ったというだけで。
三田「長州力は死んだ」と。
中村うん、WJ云々に関しては僕らの中ではもう、ね、何度も言うけど終わってる、と思ってるんですよね。
永島思ってるだけだろ。終わってねえよ。
中村うーん。
永島言いたいことどんどん言えよ、お前。
三田どうですかね永島さん、やはりでも、WJというのは非常にこう、厳しい報道というのが、まああの、ここ数……ひと月以上続いてるわけじゃないですか。
永島はっはっ(苦笑)、なんや崩壊だのアレだのっつう報道ばっかしだから。うん。
三田でも正直やはり、こんなことになるとはもちろん思ってなかったという気持ちが多いんじゃないですか。
永島当たり前でしょう、それは(苦笑)。
三田……そこに対してはどうですか。
永島……いやそりゃあ、いろんな状態が起きてね。
マスコミさんってのはいろんな部分での、そういうところをつつきながら好きで報道するわけだから、
それに対してのマスコミさんの規制とかそういうのはできないわけですからね。
だから事実の部分もあれば、嘘の部分もあるし、だからそれーはファンの人にとってはね、
まともに全部、真っ正面からそれを捉えられると困るなという部分はいっぱいありますよ。
三田祥之さんから見たら今のこのWJの状態というのはもう、明らかに、もうなくなっているのも同然だということですか。
中村だって選手がいないでしょ、もう? ねえ? 何人か。
それが団体としての機能が完全に失われているとしか僕らには思えないし。うん。
あれで会社でやっているというのはもうあり得ない。うん。
永島だから選手がね、そのー、ま、どういう形かフリー宣言する選手もいて悩みがあったりしながらしても、
俺はある程度のあの、その選手のそういう意気というかね、
そういうものは買ってる部分、いわゆる信じてる部分とか、そういう部分てのは結構ありますよ。
三田それは現在残っている選手に対してということですか。
永島あります、あります。
いや、残ってる選手、いわゆるま、フリー宣言した選手やなんかに関しても、あの、そういうものはありますよ。
だからWJってのはこれでへこたれて死ぬわけじゃないですよ。実際今度興行もあるわけだからね? 
だから祥之あたりにそんな、もう終わった団体、何もない団体って言われる筋合いないんだよ。うん。
三田祥之さんとしては、もうこれででも徹底的に、潰してやろう追い込んでやろうということですか。
中村ま、僕らの狙いはね、代表が言ってるように、長州力選手の首ひとつ。長州さんの首ひとつ。
それを取ることによって、もうこの戦……、うーん、ま、戦争って言うのかな? うーん、もう終わり。
だからあえてそのー、岡山。えー、12月3日の岡山にね。炎舞連夢を送り込むわけですけど、
まあそこで、大谷選手ないし田中選手が長州さんの首を取った時点で、もうゲームオーバーですよ。
三田もうおしまいだと。
中村もうおしまい。うん。大体それに対してね、ウチが行くって言ったものに対して、あのー、ね、
*6そちらの専務様は「真ん中で待ってるぞ」って……。
永島だから長州がど真ん中で待ってるよ。
中村ウチからしたらね、
永島大谷が来ようが誰が来ようがもう、受けますよそりゃもちろん。
中村受けると言った以上、受けてもらわないといけないですよ。
永島当たりめえだろそんなの。
中村だったらじゃあこの場で言ってください。
永島長州はだから逃げも隠れもしねえ。な? 
だからちっとも昔と変わっちゃしねえよ。だからリングのど真ん中で待ってるよ。
いーつでも来い岡山へもう、すぐ来いよ。おお。
中村言ったんだったら……。
永島(遮る様に)受けるよ! ハッキリ長州が受けるよ。おお。
中村じゃウチも炎舞連夢をね、行かせる意味があるから*7
三田それ、炎舞連夢というのはまあ、細かく言いますと要するに大谷と田中が今回行きますよと言っている、ということですね?
中村ま、もちろん首取りに。
三田そしたらでも、WJ側としたら、いわゆるカードの発表ということは未だなされてないわけですけれども。
永島カードの発表というか、とにかく長州がとにかくど真ん中でのけてるわけだから、
向こうがタッグで来んならパートナーは長州が自分で選ぶでしょう。ええ。
ウチにもカッカカッカしてる若い奴いっぱいいるしね。ええ。
三田さあ、ここまでですね、そのいろいろお話をしていただきましたが、
その、長州さんがですね、ついにこう乱入という形で橋本選手と久々に顔を合わせた場面がございました。
こちらご覧いただきましょう。(VTR流れず)
三田はい、え、ということなんです、が、まああの大谷選手はですね、
こちらはこれだけ言ってるのにWJ側は全然こう反応して来ないと。
若い選手なんか名前も知らないぞという風に言っているというような、
ここまでやってるのになぜ反応して来ないという気持ちは、ZERO-ONEのほうとしては。
中村もちろんあの、ね、大まかなことしか、そちらの専務さん言われないでしょ?
「待ってます」。ウチとしてはカードを必ず組んでくださいよって話なんです。「待ってます」じゃない。
永島だから! 組むっつってるじゃねえかよ。
中村話し合いに行くわけじゃない。
永島組むんだよ!
中村カード組むんですね?
永島組む。
中村ね?
永島間ー違いなく組んでやる。
中村そこで取ったらもう終わりだから。それをもって両国のカードなんだ発表してもいいし。うん。
永島取れんなら取りゃあいい。取ってみりゃあいいんだよ。
中村もちろん取りに行くからね。
三田祥之さんから見たら、今のこのWJ、
まあもう形としてはもう手をなしてないという風におっしゃいますけれど、
何がこうなってしまった一番の問題だという風に思ってらっしゃいますか。
中村んだからやっぱり、選手は、僕が言ってるけど選手は一流っつってんだから、
フロントに何か問題があったんでしょう。問題があるからこそ選手がいなくなっちゃったんだから。
永島(軽く咳払い)
三田「選手は一流、フロントは『五流』」と。
中村今でもその考えは変わんないですよ。うん。
三田それに関して、非常にそのフロント側の永島さんは悔しい思いがあるんじゃないですか。
永島うん、そりゃあねえ(苦笑)。いろんなことがあってね、そのー、何が一流なのか何が二流なのか何が五流なのかね、
そんなことをいちいち祥之がね、自分で判断してね苦心するような問題じゃないよ。
ああ。だからこんな小僧っこにね、そういうことまで言われる筋合いねえよ*8
だから本当のじゃあ一流が何で二流が何で五流が何なのか、これから見してやろうじゃねえかよ。
おお。肝っ玉据えてよく見とけ。
中村……(うんうんと軽く二度頷く)。
三田それがWJ側から、これからまだいくらでも手はある、ということですか。
永島手はあるとかないとかって問題じゃないでしょ! 
だからそもそもね、長州とその橋本が、そういう部分の中であったのが俺もその標的、標的ったらおかしいけど、
やっぱし同じフロントとしてね、あのー、こっちをやっぱし罵倒して来た祥之ってのは、俺は俺なりに許せない部分があんですよ。
三田それはどの……。
永島俺にはプライドもありますよ。
三田そのプライドの部分をこう、傷付けられたという意味ですか。一番許せなかったことだとか。
永島いや傷付けられたとかそういう問題じゃなくて、コイツにそういうことを言われる筋合いはねえというね。ああ。
中村……(半開きの目で外側に向かって頷く)。
三田祥之さんにそれを言われた、ということに一番頭に来ている、というわけですか?
永島祥之に言われたとか、そういうことを言う、
言った人間が祥之であるということに、何この野郎……*9、ってのはね、ありますよ。
三田なぜそれが一番、祥之さんだったことが許せないんですか。
永島なぜとかって、そういう問題じゃなくて、やっぱし新日本のとき、あのー、立場は違うけどね、
あのー、まあ一緒にやってたと言えば一緒にやってるんだろうけども*10
でー、祥之が今やってんのが、あのー、俺が新日本でやったようなことをやってるわけでしょ。うん。
でー、確かに今のその、俺ってのは、進むべきこのー、何と言うのかね、道と言うのかね、
ちょっとズレてる……ズレかかった! 部分があるかもしれないけども、そういう部分の中でその、
いわゆる、祥之3年なのか何なのか知らねえけど、まだまだひよっこがね、
これから辛酸ナメていかなきゃいけねえ部分の中で、
人の団体をね、なんだかんだ言う筋合いのもんじゃねえということですよ。
三田(中村のほうを向いて)どうでしょう?
中村いや僕は団体のことってね、は、あの、選手は一流だって言ってるわけですから。
永島(咳払い)
中村ただフロントに対してモノを言わしてもらっただけの話で。
ただね、今のこのー、社会でね、祥之とかね、橋本とかって呼び捨てするけどね、立場一緒なわけじゃないですか? 
僕は新日本の時は確かに後輩だったかもしんないですね。これは認めますよ。
だけどねえ、今、ね? 会社違くて、立場一緒で、やれ祥之だとか若造だとかね、
そういう態度がおかしいんじゃないかなってね。うーん、それが社会に見放された原因のひとつであるんじゃないかなって。
もう俺が思うのはね、新日本プロレスの凄かった時の永島勝司「さん」じゃないってことですよ。もう。
三田もうその時の永島さんは……。
中村ああもう、いないいないいないいない。もういない。うん。
永島もう1回見してやろうじゃねえか。おう。
中村いないいない。もうね、もーない。ないんですよ。
永島ふふん(苦笑)。黙って見てろこの野郎。
中村大体ウチにどれぐらいのメンバーがいるかもたぶん、永島専務は知らないでしょ。
永島(即答で)知らねえよ。
中村ね? うん。そのためにね、持って来てあげた、これ。よく読んで*11
ウチの選手。名鑑ですからこれ*12。ウチには凄いのいっぱいいますよ?
永島ふーん。
中村うん。ただその本はね、これよりは役立つから(永島の著書を出す)。
三田『背広レスラー』。
中村ね? フロントなんだから。
三田はい。
永島(恐らく『プロレス大百科を』読もうとしている)随分開けづれえ本だな。
中村いつかリングに立ってもらうよ。
永島何?
中村そこまで言うんだったら(※酔っぱらいのような目で永島のほうを見る)。
永島何!?
中村レスラーなんでしょ?
永島何がレスラーだよ(苦笑)。
中村『背広レスラー』、永島勝司。
永島(苦笑)。お前も面白えこと言うなあ。
中村ねえ。
三田でも1回永島……。
永島こんなお前、開けづれえ本持って来んじゃ……へ?
三田1回でも永島さんもこうリングに上がるのではないかと言われて、その時は、上がらなかった。
中村(湯飲みでお茶かなんか飲む)
永島あのねえ。まあ、祥之と呼ぶのが悪いならね、そちらさんはねえ、
リングに上がって肋骨折ったとかへったくれとかって新聞報道あったけどね、そうレベルと一緒にしないでよ(苦笑)。
うん。上げてやるならかー……力ずくで上げてみろお前このやろ。
三田どうですか、この「ウチの団体でやる場合は、上がると言って途中で上がらないのはあり得ませんよ」と。
中村ないねえ*13
永島うん。
中村上がるっつうなら上がってもらわないと。まあウチに対してはまたね、そちらさんの専務は言ってないから。
いいですけどね。まあとにかく、僕は選手の気持ちとしては、選手の気持ちは長州さんの首ひとつ。もうこれだけですから。
永島だから、取ってみろっつってんだよ。
中村長州さんのを取ればゲームは終わり。うん、終わりなんです。
三田長州さんの首を取ったらZERO-ONEとしてはそれで終わりであると。
中村……ん、大将だからね?
永島でも取れなかったらどうすんだよ。
中村取りますよ。
永島ふん(苦笑)。
三田WJ……、ZERO-ONEは今たくさんの選手がいますと、それをご存じないでしょうとおっしゃってましたけど、
WJとしては、ZERO-ONEにこれから何で対抗を?
永島……?
三田していくんでしょうか?
永島何で対抗するって長州がいるじゃないですか?
三田長州さんひとりですか?
永島いやー、で、若い……、あのー、血気盛んなの奴もいっぱいいるじゃないですか。
ま、いっぱいったって5人いるよ。そのほかにも何か言って来る奴がいるでしょう。
まあ、今は何も俺はその名前は言わないけども。「なんだZERO-ONE」ってのは結構いますよ。
俺も元へ言って来るのは結構いる。だからそういうとこはまだあの、祥之には見えてないだろう。
三田WJとしては最終的には、どうしたい? ですか? ZERO-ONEを。
永島どうしたい? だって頭の試合になって長州が橋本取ったらそれでZERO-ONEどうすんだよ。
三田ZERO-ONEが……の、やはり頭である橋本選手を取る? それでおしまい?
永島当然頭は橋本でしょう。そりゃ長州は長州のレベルでモノを……あの、カッカカッカしてる部分もあるだろうし。
でもそこでしょう。ZERO-ONE中心でモノ考えて、あの、アレしてるわけじゃねえんだからさ。
だから長州が取ったらそれで終わりだろ。じゃそのあとZERO-ONEどうすんだよ? ……崩壊の危機か?
中村いや、ウチはもう経営的に安定してるから。
永島あっそ。
中村問題ないすね。
永島うーん。
三田崩壊危機とか、様々にこう、WJ側としては報道もされましたけれど。
永島別にそういう報道に対して、今俺も長州もやってる部分は、あのー、もっともっと前向きにモノを考えてやってることだから、
何とでも言いなさいよ。祥之がもう、名前がない、何がない、だって結構。見してやるよ。本当の姿見してやるよ。
三田あのー、長州さんがですね、その、今回、乱入を、されたと、いうことで、ですね、
その会見のVTRをですね、はい、ここでご覧をいただきたいと思います。



聞き取ってくれた人に、お疲れ様と言いたい。
戦るのか。結局・・・。
生ゴン永島vs中村2も見る
Hall of Flame(爆弾/危印発言集)に戻る
マグマに戻る


  • 見づらいにも程がある…どうすればいいんだ… -- 2003-12-03 (水) 01:07:07
  • たしかにきつい。少しチューンする。待つべし。 -- G 2003-12-03 (水) 01:11:23
  • お願いします…俺の力では何もできんかったです… -- アレしたアレ 2003-12-03 (水) 01:25:58
  • 簡単に噛ましたが、色も変えないときつそうだ。後もっと良い案あったら誰か頼む。 -- G 2003-12-03 (水) 01:36:42
  • 正直、弄りつつ読むと、今の日本のプロレス業界が抱える問題がどろどろに見える。ロートルに頼るとか、どんぶり勘定とか。 -- G 2003-12-03 (水) 01:38:43
  • 最大の問題は、これを一般マスコミに出しても大笑いされるだけでしかないってことだ。永島も長州も経営に手を出すべきじゃなかった。プロレス村だけの人材だったんだろう。 -- G 2003-12-03 (水) 01:41:10
  • 1行あたりの文字数が多すぎるんだな。 -- 2003-12-03 (水) 01:43:26
  • 2の方と合わせたほうがいいようなんで、誰か宜しく。(色と一行字数制限は確かに必要だ) -- G 2003-12-03 (水) 01:46:13
  • したら、こっちもやってみるよ。 -- 2 2003-12-03 (水) 02:42:36
  • 終わった。細かい直しはよろしくです。お休みなさい。 -- 2 2003-12-03 (水) 03:29:50
  • yoku -- 2003-12-03 (水) 04:19:12
  • よくやった!感動した -- 2003-12-03 (水) 04:19:58
  • 朝で出来てなかったらやってみるかと思ってたんですが、実に有り難いです。emacsってのが素晴らしい。 -- G 2003-12-03 (水) 09:13:44
  • 面白い対談だぁ。中村センス有ると思う。 -- 2004-01-23 (金) 16:27:14

広告

*1 ※4−0で長州軍惨敗
*2 ※アゴで中村を指す。中村は顔を伏せて目線も下。結局これが最後まで基本姿勢に
*3 ※2001・1・4
*4 大きな花束を机の下から取り出す
*5 ※ちらっと永島のほうを見るも、すぐ視線を戻す
*6 ※視線は落としたまま顔だけ少し永島に向ける
*7 ※三田を見る。以後永島にではなく、位置的に永島方面の三田に向かって話すような顔向きに
*8 ※アップで中村、目が泳ぐ
*9 ※中村目を伏せる
*10 固まる。そしてメガネを上げる
*11 ※『橋本真也のプロレス大百科』を出す
*12 ※中村が身を乗り出して直接永島の脇に置く
*13 ※顔が青い
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:19:59 (959d) HTML生成時間: 0.147 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29