新日両国大会(05/2/20) 御小vs''無我''西村

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / 新日両国大会(05 / 2 / 20) 御小vs''無我''西村

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

新日本プロレス 両国国技館大会

会場 東京・両国国技館
試合開始 15:00

西村 修 VS 長州力


西村、御小抹殺宣言

 2月20日の東京・両国大会で怨(おん)敵、長州力(53)と激突する“無我戦士”西村修(33)が20日、沖縄・首里城でめい想トレーニングを敢行。長州の右足を破壊し、引退に追い込むことを宣言した。

 西村は、新日本の現場責任者だった長州と犬猿の仲。徹底的にいじめられた西村は「(1998年に)がんになった原因は、あの人以外考えられない」と憎悪している。両国大会では初のシングル対決が実現。恨みをはらすにはこれ以上ない舞台だ。狙いは93年に断裂した長州のアキレスけん。「いい試合をしようとは思わない。歩けなくさせる。足の骨を折るか、アキレスけんを断裂させる」と不気味な笑みを浮かべた。試合が即、長州の引退試合になると予告。「目的を果たせれば、私も引退を考えるかもしれない」とレスラー生命をかけてまで、長州征伐を狙う。
報知

参照:デイリースポニチ

御小、西村を相手にせず

長州 西村の挑発シカト

「2・20もうひとつの戦い / 西村 長州に勝つ ガンに克つ」

2月16日付け東スポより
「きのう定期検診…結果は両国大会の翌日」

「新日・両国大会で一騎打ち」

 がんよ、さらば。無我の伝道師・西村修(33)は14日、7年間戦ってきたがんに“最後通告”を突きつけることを公約した。
 東京・豊島区の癌研病院で、定期検査を受けたが「私の診断は20日に国技館のリングで出る。あの男を倒せば、すべてが終わる。」と断言。新日本プロレス2・20両国大会で一騎打ちする長州力(53)を抹殺することで 「がんとの闘い」にも決着をつける。

「手術から7年ついに運命の決着戦 / 『あの男を倒せばすべてが終わる!!』」

 この日、西村は意を決した表情で、1998年9月にがんの手術を受け、その後も 定期検診を受けている癌研病院を訪れた。
 「手術をしてから、はや7年目。病気になって、5年が経過して異常がなければ、 定期健診は1年に1回でいい。ただ、検査は一生やらなきゃいけない。要は体の 車検のようなもの」と、検査用紙を握り締めて病院に入っていった。
 1年に1度の検査とはいえ、偶然にも、長州と対決する2・20両国大会の直前。 運命めいたものを感じずにはいられない。西村の表情は一段と険しさを増していた。 CTスキャンや血液検査などを行ったが、来院の目的はほかにもあった。
 この病院には、7年前にメスを入れた手術室、1か月間過ごした病室、人生を考えた 喫茶店、本を読みふけった屋上など、苦しい時を過ごした思い出の場所が、いたる ところにある。
 「ここに来るたびに、手術をしたときの気持ちが蘇ってくる。私にとって、ここはインドのガンジス川と同じ。将来のこと、プロレスのこと、家族のこと、これからの自分の 生き方、大いに考えさせられた。今は元気だからこそ言えるけど、入院している時は、人間不信に陥り、人生設計まで何も立てられない心境だった」と振り返った。
 だからこそ、自然とこみあげてくる長州への怨念を抑えようがなかった。
 「何のために延命させられたのか。何のために病気になり、今のところ再発もせず、 生かされるようになったのか。あの時、死んでたら、来る日も来なかった。そういう意味では、本当に命をかけるということ。2・20は、運命のガンジス川決戦になるだろう」と長州抹殺を改めて誓った。
 実は、癌研病院は移転が決まっており、さまざまな思いが詰まった、この場所での 受付は23日に終了する。建物も取り壊されるだけに、長州戦の前に、何としても 立ち寄りたかったのだ。検査の結果は、長州戦の翌日の21日に出るが、今の西村 には意味をなさない。西村にとって、最大の検査は長州戦そのものなのだ。
 「がんになったのはあの男のせい」と執拗に繰り返す西村は、長州の首を刈ると同時に、がんとの闘病生活に終止符を打つつもりでいる。
 「私の診断結果は20日に国技館で出る。あの男を倒せば、すべてが終わる」と唇を強くかみ締めた。
 検査が終了し、病院内にある食堂で食事をしていると、同じくがんと戦う青年から「今度(長州と)戦うんですよね。絶対に勝ってください」とエールを送られた。青年と固く握手を交わした西村は「お互い、しっかりやりましょう」と必勝を約束。青年は笑顔で食堂を後にした。
 すべての思い、そしてファン、患者の声援を背負って長州と戦う。
 「20日前に、検診があって良かった。すべてを思い起こさせてもらった」という西村 の横顔は、ナイフのような冷たさと鋭さが宿っていた。

出展:【小力も力も】wj総合1045【運命の日】
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/wres/1108809228/

参考:新日本公式・試合情報

04/11/13新日両国大会マグマカレンダー
マグマに戻る


  • この日放送された『R-1ぐらんぷり』での長州小力の結果に納得がいかなかったのような長州選手の結果ですね(?)又、天山はあと11秒でベルトを守れたのに・・・。 -- 天国のアングル 2005-02-20 21:03:08 (日)
  • 新日公式の写真を見たが相変わらずぶよぶよの体だなぁ -- 名無しマグマ 2005-02-22 19:16:34 (火)
  • 長州力選手、西村選手に勝ってください。 -- がんばれ 2005-02-25 06:15:59 (金)

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:19:54 (1621d) HTML生成時間: 0.064 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29