山手線ブルース

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / 山手線ブルース

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

山手線ブルース

電車のホームでもの凄い勢いで古雑誌を集めているオッサンがいる。
よく見ると、長州力ではないか。
働き口のなくなった中年男性の悲しい末路といえばそれまでだが、なんとも惨めな話だ。
ホームや電車のど真ん中を動きまわり、ハイスパートで次々に雑誌を回収していく長州力。
棚に残された雑誌が売り物になるかどうか分別するその厳しい視線は、
まるでかつての現場監督時代を彷彿とさせる。
一心不乱にホームのゴミ箱をあさり、雑誌を抱え込んでいくその忙しない姿は、
木の樹液をすするメスカブトを連想させる。
雑誌の多いポイントに近づく同業者には、「またぐな、またぐなよ、コラっ!!」と激しく恫喝する。
古雑誌回収には、同業者間の取り決め(縄張り、時間帯)があるのだが、
長州力にはそんなものは関係なかった。
長州力の魂の叫び声が聞こえてくるかのようだ。
『俺こそがど真ん中だ。アレだ。心はいつもハイスパート。
アレだ。(同業者との)交流(戦)なんてありえない、潰すか潰されるかだ。』
額のタオルが垢と汗でどす黒く汚れていた。
かつてサイパンで日焼けのためだけに流した汗ではない、今は生きるために流す必死な汗なのだ。
噴き出るその汗は、まるで長州力の中でマグマが沸々と湧き上がっているかのようであった。
長州力の魂の叫び声が聞こえてくるかのようだ。
『さぁ、次の電車が(ホームに)到着したぞ、アレだ。
俺の勝負は終わらない。オイ、金沢、俺はいつだってど真ん中だ。』
ガタンゴトン、ガタンゴトン・・・・・・・・。

マグマ文庫に戻る


  • 週刊ゴングは回収せず。 -- 2003-11-20 (木) 21:53:24
  • ↑一年前のコメントなのに・・・笑った・・・(wj -- 名無しマグマ 2004-10-27 (水) 12:19:08

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:16:25 (1011d) HTML生成時間: 0.015 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29