再会

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / 再会

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

再会

越中ノア入団!!!





数年後、ノアから追い出される越中。参戦場所を探して、たどり着いたのは
WJ事務所。すでに社員の姿はなく、中には机がひとつ。
そこには社長兼従業員兼所属選手の大森が一人、ぽつんと座って事務をこなしていた。

一瞬、入るのをためらう越中。と、誰かの気配に気がついた大森。
「…だれだ?誰かいるのか??」
慌てて立ち去ろうとする越中。が、扉を開けた大森と運命の再会!
「…越中さん!」
「…お、おう、大森。…元気か?」
大森はにやりと自嘲気味に笑いながら、がらんとした事務所を見て
「…ごらんのとおりですよ。越中さんがいなくなった後、長州さんがが抜け、
健介も抜け…。永島も病気で去年…」
「…そうか。…中島はどうした?」
「さあ。今頃は猪木さんとパラオで合宿中ですよ。あいつは
今やPRIDEのスターですから…、猪木事務所の看板ですから。」
悔しそうに吐き捨てる大森。

「そういえば、越中さんはどうしたんですか?なんでここに?」
「え!?いや、久しぶりに寄ってみたんだよ…ハハハ。」
が、越中が手にした荷物一式を大森は見逃さなかった。
「越中さん…。」
「ハハハ…。いや、なに。あんな団体、こっちから願い下げだって!だから辞めたんだって!」
「…越中さん、また、俺とプロレスやりませんか?」
「…え!?」
「うちは今じゃ、所属も社員も自分一人しかいない貧乏団体ですけど、一緒にやりましょうよ!」
「…大森っ!!」
「…越中さんっっ!!!」
熱い涙を流しながら、二人はしっかりと抱き合うのであった。
「よーし!大森!!いや、社長!!!なんでも言ってくれ!!!なんでもやってやるって!」
「ハイ!じゃあ今から一緒に、ポスター貼りに行きましょう!!!」
大森は事務所から、わら半紙に手刷りされたポスターとは呼べないような紙の束を持ってきた。
「よーし!!!まかせとけって!!何万枚でも貼ってやるって!!!」
「やだなぁ、越中さん!何万枚もポスターつくれるほど、金はないですよ!」
二人の大笑いする声が、寒い12月の空に響き渡っていった…。

寒空の下、二人はわら半紙の束を抱えて町を歩く。わら半紙には
「WJプロレス 道場マッチ!! 目ン玉飛び出るど真ん中プロレス! 待望の開催!」の文字。
そして半分以上を占めるように
「元ノーフィアー!あの高山善廣の相棒、大森隆男参戦!」の文字と、アックスを誇示する自画像。
ただ、その下には小さく
「出場選手未定 諸事情により大会中止となることがございます」
の文字も書かれていた。
その少しかすれたわら半紙を見ながら、大森がさみしそうに笑う。
「いいポスターじゃないか!まあみてろ!俺が入ったからには、やってやるって! この団体をメジャーにしてやるって!!!」

やがて二人は電気店の前に差し掛かった。店先には販売用のテレビが並べられている。
と、その画面には、有刺鉄線電流爆破のマットにたたずむ大仁田の姿が…。
その姿はなぜかスーツ姿。観衆は邪道と書かれた旗を振っている。
「なんだ。あいつ、まだ引退してなかったのか?」
越中が足を止める。
「知らなかったんですか?これ、自民党本部前の野外なんですよ。なんでも、
自民党にファイヤー!とかいうキャッチフレーズで。新聞やマスコミでも取り上げてましたよ?」
その宣伝のせいか、本部前特設リングは観衆が超満員である。
「こんなに客が集まるんなら、俺たちも、電流爆破やってやるか?」
冗談っぽく越中が笑う。
「ん?ということは、相手は馳か?…いや、あいつはこの間落選したよなぁ?
…サスケはプロレス引退したし、健悟じゃないだろうし…」
と、テレビからは、聞き覚えのある入場テーマが…そう。パワーホールである。
呆然とする越中の見つめる画面には、永島の遺影を手に入場してくる長州の姿があった。
「…」
「そういうことなんですよ。越中さん。結局、長州は…」
「…あいつ、まだこんなことやってるのか…」
二人は何かやりきれない表情のまま、その場を離れたのであった。

【ケツは行く】wj総合389【さらばマグマよ】
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1068053526/662
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1068053526/664
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1068053526/681

なお続編を期待してますby変臭力

マグマ文庫に戻る


  • 結局逃げ出せなかった大森さんの末路に、悲しくて涙が止まりません。 -- 2003-11-07 (金) 08:00:27

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:16:24 (959d) HTML生成時間: 0.086 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29