救急病棟の夜

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / 救急病棟の夜

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

救急病棟の夜

私は救急病棟の医師である。今宵もまた、男が救急車で運ばれてきた。
どうやらホームレスの男性のようだ。ホームレスの急患は嫌だ。とても臭いからだ。
今日の男は、これまでで一番、臭い。強烈な異臭がする。そしてこの男はとても日焼けしている。
汚く団子状に固まった長髪がこの男が何年も風呂に入っていないことを証明していた。
救命士に、この男の情報を確認すると、名前は「吉田みつを」という50才代のようだ。
数年前、「長州」という名前でドサマワリの大道芸人をやっていたらしいが、
莫大な借金を抱え、失踪して、ホームレスになっていたらしい。
垢まみれのTシャツには、「WJ」という文字がプリントされている。何の意味だろうか。
男は、苦しみのあまりうめき声をあげていたが、どうやらその原因は、左目の上の巨大な
瘤(コブ)のようである。異様な程に肥大している。私は、その瘤をメスで切開してみた。
(その時に、麻酔をするのを忘れていたことはオフレコにして欲しい。)
メスで瘤を切り開くと、中から信じられないものが出てきたのだ。
何かの虫の「さなぎ」のようだ。
一体全体、どのようにして顔面に「さなぎ」が埋まってしまったのか不思議でしょうがなかったが、
私は、その「さなぎ」を取り出してみた。
すると、その男は突然、立ち上がり、「俺だけはアレだ!!ど真ん中だ!!」と叫び、
病室を飛び出してしまったのだ。
私は、その男をつかまえようとしたが、とてもハイスパートで追いつくことが出来なかった。
男は、病院の入り口まで向かっている。
私は、声をあげ、警備員に捕まえるように伝えたが、その警備員は、動こうとしなかった。
いや、正確には、動けなかったようだ。男は病院の入り口を抜け出てしまった。
そして、私は、またも信じられない光景を目の当たりにしてしまった。
なんと男の背中からまるで「さなぎ」が羽化したかのように羽根が広がり、
そのまま空に向かって飛んでいってしまったのだ!!
その姿はまるで巨大な昆虫、そう雌のカブト虫のようであった。そのまま男は闇空に消えてしまった。
それにしても、隣で立ちすくんでいた警備員の大森さんが涙を流していたのは何故だろうか。
本当に不思議なこともあるものだ。(了)

出典
【健想】WJ総合365【WWE入り】
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1066841442/628

マグマ文庫に戻る


  • さなぎは妖精なのか -- 2003-10-25 (土) 23:38:46
  • 激ワロタ。腹イタイ・・・ -- 2003-11-07 (金) 17:07:32
  • 雷が飛んで(糞に)いるメスカブトに直撃したら最高だけど(wj -- 名無しマグマ 2004-10-24 (日) 10:20:13
  • 大森さん・・・・ -- 名無しマグマ 2005-02-03 (木) 11:42:21

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:16:16 (892d) HTML生成時間: 0.035 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29