マンセー用?WJ長州賛美

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / マンセー用?WJ長州賛美

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

【私ちょっと】wj総合296【酔っちゃったみたい】スレッドに書き込まれ始めたのを確認した、
呆れ変えるのを通り越してマンセー一筋?なコメント。
果してリアルマンセーかそれとも偽造か不明ながら、
GK並にキ印、狂信な匂いを手軽に出せそうなので順に追加してみた。
(実際は295番から同一人で書き込まれた可能性も有る。)
・・・しかしまあ、良くもまあ「物は言い様」な物言い。
仮に倒産した暁にも賛美をするなら詭弁の良い例かもしれない。



WJプロレスはドラマで言うと七曲署なんです。
演技のうまい俳優が粒ぞろいで、金曜8時にゴールデンで大絶賛中の。
みなさんノアとか今風とかいう上っ面な言葉に騙されているようですが、ノアとか闘竜門とか
いっても、所詮湾岸署止まりなんです。流行というものは、来年になったら忘れ去られてし
まうものなんです。
最後に笑うのは誰でしょう。みなさんにはそれをよく考えてほしいですよね。

WJには誇れるものが無いと言う輩が居る
思うに彼はまだ、WJを深く知らないのだろう
WJの誇るものを一つだけ挙げろと言われれば
私は迷うことなく「長州力」と答える
プロレスの象徴である長州力
その長州が作ったWJこそ世界に誇りうる日本の至宝だ

20世紀、何故新日本があれだけ輝いていたのか
答えは簡単だ「長州力」の三文字を挙げれば良い
新日本にも良いレスラーは大勢居る
しかし長州の居ない新日は炎の消えた蝋燭と同じだ

長州は唯一無二の「熱」を持ったレスラーだ
長州の居る団体はその「熱」により発火し眩しいまでの輝きを放つ
君たちはまだWJの眩しさに目が慣れていないだけだ
焦ることはない。
WJは誘蛾灯の様に
君たちは火に入る夏の虫の様に

WJの経営は確かに苦しいかもしれない
しかし、それは営業努力で改善できる
今、長州は真夜中の海を照らしている
その光に人々は導かれるだろう
WJという名の新天地へ

武藤、蝶野、橋本は長州を批判する
それは彼らが長州の熱に飲み込まれそうだったからだ
彼らはそれぞれ熱を持ち輝こうとしたが
長州という大炎の前では霞んでいくばかりだった。
今はそれぞれの団体でそれなりに光を放ってはいるが
それもまた長州の掌中で燻ぶっているに過ぎない

WJの料金設定が高いという声も良く耳にするが
それは長州からの挑戦だ
高い金を払ってでも観にくる客には
金額以上の満足を提供する
WJの料金設定は長州の理想の高さの現れである

ドーム興行定着化等、平成黄金期を築き上げたのは
間違いなく現場監督としての能力をフルに発揮した長州力だった
彼はいかに興行を面白く魅せるかという演出面の才能に長け
ドーム興行史上最大の観客動員数となった
UWFインターとの対抗戦をプロデュースしたのである

マイクロソフトからのスポンサー契約の話は確かにあったらしい
しかし長州は断った。
金儲け第一主義のアメリカ人には長州の理想は理解できない
長州は金儲けのためにWJを旗揚げしたわけではない
プロレスが長州を必要としていた、
そして長州もプロレスを必要としていた。それだけだ

おそらく、これだけ語っても長州の魅力の百分の一も伝えきれてないだろう。
やはり試合を観にいくのが手っ取り早い。
素晴らしいとはどういう事か、君たちは知ることになる。
みんなで観にいこう。そして長州力を感じよう。


【俺も鈴木健とは】WJ総合313【同意見】
http://sports3.2ch.net/test/read.cgi/wres/1065643491/

WMG挑戦者に適当な者を挙げて悦に浸っている不遜な輩が居るようだが、
まったくもってけしからん。いや、かわいそうと言うべきか。
長州の後継者としての健介の力量は万民が認めるところであり
そんな健介を恐れて挑戦者に名乗り挙げる者が居ないのが現状だ。
しかし、これはWMG王座の凋落を招くだろうか?
答えは「No!」だ。
挑戦者不在期間が長引けば長引くほど健介の強さは神格化され、
WMG王座の権威を揺るぎないものとするだろう。
そこまで計算して健介を育て、WMG王座を設立した
長州力のプロレス頭脳は我々の想像を遥かに凌駕する。

「もし、自分が佐々木健介になったら」
考えただけで胸が躍る。
デビュー以来、長州の後継者として数々の栄光を手にしてきた
現在のプロレス界不動のエース 佐々木健介。
私が健介だとして朝一番に口走ること、それは
「打倒!長州力!」ではないだろうか。
プロレス界のトップに登りつめた健介にとって、
超えるべき壁は長州力ただ一人。
長州を越えることは不可能と言っても過言ではない。
しかし、健介の不可能を可能にする不屈のマグマを
もってすれば「その時」は必ずや訪れる。
日々、健介は「打倒、長州力!」を胸に切磋琢磨するのである。

「ハイスパートプロレス」
世間一般の認識では、序盤から大技連発で早々に試合を終わらせること、だと思われている。
しかし、これは間違った認識であることは諸君もご存知であろう。
真の「ハイスパートプロレス」 それは長州力のプロレスだ。
長州は試合で繰り出す技が少ない。
少ない技で試合を組み立てられることはプロレス名人の第一条件である。
長州の試合時間は短い
名勝負として挙げられる試合は往往にして試合時間が長い。
長い時間、客を飽きさせないことは素晴らしいとは思うが
「Time is money 」現代人の感覚としてはダラダラと長い試合は合わない。
そこで長州は試合にスピード感を持ち込んだ。
次々と矢継ぎ早に繰り返される攻防、瞬きしていては見逃してしまうほどの疾走感。
長州力の「ハイスパートプロレス」は時代の最先端を駆け抜けているのである。

マグマ文庫に戻る


  • 追加なり編集なりすると、行動パターンが読めるかもしれないのでヒマな人頼む。 -- 2003-10-06 (月) 14:28:35
  • 最後のは立て読み臭いので一連の流れは偽マンセーの手に因るかもしれない。 -- 2003-10-06 (月) 16:33:00
  • それっぽいのが現れたので追加してみた -- 2003-10-09 (木) 10:16:26
  • 追加謝。ハイスパートレスリングって、技の少なさ挙げるならリック・フレアーあたりに弟子入りして欲しいもんだが。 -- 2003-10-09 (木) 10:43:05
  • さらに同一風の書込が有る模様。スレッド早過ぎて大変、だれか張ってくれ。 -- 2003-10-09 (木) 13:13:34
  • 「もし、自分が佐々木健介になったら」…考えただけでも恐ろしい。 -- 2003-10-12 (日) 16:43:10

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:15:58 (1011d) HTML生成時間: 0.020 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29