チンタと御小の最終回

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / チンタと御小の最終回

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

チンタと御小の最終回

チンタと御小の最終回

御小がロートルになった頃、チンタはもうこの世にいませんでした。

チンタは自分の命の終わりがすぐ傍まで来ているのを知ったとき、
こっそり御小の前から姿を消しました。
御小の前で弱って涙もろくなった自分を見せたくなかったのです。
チンタは御小の心の中ではずっと対戦相手として生きつづけたかったのです。

チンタがいなくなったのに気づいたとき御小は悲しみはしませんでしたが、
これからはアレになるなと思いました。
チンタとの試合は最高にスリルのあるプロレスでしたから。

ひらめ筋が不思議にチクチクはするのですが、
それが何なのか、 金沢に聞いてもよくはわかりませんでした。
チンタの願い通り、御小の心の中でチンタはいつまでも仲の悪い対戦相手でした。

そんなある日御小の前に一匹の猫が現れました。
チンタよりやせっぽちで体も小さい猫です。
対戦相手のチンタがいなくなって寂しかった御小は、
今度はこの猫を対戦相手にしようと考えました。

そこで御小は、
得意のストンピングやラリートでその猫をピンフォールすることにしました。
いつもチンタにしていたように。

御小は巣穴のコーナーで屈伸して、ねずみを求めて猫が
ねずみ取りの近くに来るのを待っていました。
そして思惑通り猫が罠に向かって近づいてきます。
御小はしめしめと思いました。
いつものように、自分がねずみ取りにひっかかるふりをして、
逆にラリートで大の字にしてやるんだ。ムフフ。
だらしなくのびた猫の姿が頭に浮かび愉快です。
でも、その猫はチンタではありません。

猫はチーズの近くまで来たとき、御小が出てくるより早く
鼻の曲がるような御小の悪臭に気付き、
目にもとまらぬ速さで御小にタックルを仕掛けてきました。
御小はいつもチンタにしていたようにブレーンバスターを狙いましたが、
チンタより軽いはずの猫を持ち上げられずに逆にマウントポジションを取られま
した。

必死に逃れようとしましたが、 チンタより体が小さいはずの猫は微動だにしません。
鉄槌を浴びまくる御小は薄れ行く意識の中で、本当はミゼットとヘビーが試合して
勝てるわけがないことと、いつもチンタは御小に「してやられた」ふりをして、
わざと御小に投げ飛ばされていたことを、そのとき初めて知ったのです。
チンタの大きな優しさと友情に気づいたのです。

そしてチンタがいなくなった時のひらめ筋のチクチクの正体にも気づきました。
かけがえのないライバルを無くした悲しみでした。

御小の魂が体を抜けた時、空の上には優しく微笑み御小を待っているチンタがい
ました。

「何がやりたいんだ!!コラ!笑顔見せてコラー!」
「何がコラじゃ!このぉ馬鹿やろう」


出展:
【破壊王永遠に】wj総合1145【涙のコラコラ問答】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wres/1121089035/271,275

マグマ文庫に戻る
マグマに戻る


#pcomment2


広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:14:04 (891d) HTML生成時間: 0.010 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29