ソルティー・トレイン

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / ソルティー・トレイン

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

ソルティー・トレイン

  • 長州"ザ・ビートル"力vsヒクソン・グレイシー

    遂にこの瞬間(とき)が来た。
    長州の目の前には、ヒクソン・グレイシーがいる。
    ヒクソンはこの試合を最後に引退するつもりだ。
    運命のゴングが鳴った。
    長州がいきなり動いた。
    アマレス仕込みの低空ビートル(メスカブト)タックルだ!!
    あっさりとヒクソンが交わす。
    次の瞬間、腕ひしぎが決まっていた。
    長州は、ヒクソンを勝ち逃げさせたA級戦犯として格闘技史にその名を残した。

  • 佐々木"アリゾナドリーム"健介vs鈴木みのる

    「テイクザドリ〜ム」のテーマ曲がドームに響きわたる。
    健介がチャコ、健之介、誠之介とともに入場する。
    グレイシートレインならぬ、ソルティートレインだ。
    対戦相手は、因縁の鈴木だ。
    団体移籍に際して自分の名前を使われた鈴木は怒り心頭だ。
    あっという間にマウントポジションをとった鈴木が健介にパンチの雨あられだ。
    健介は「ギブッ、ギブゥッ!!(スマンかったぁあああ!!)」と泣き叫ぶ。
    顔面をボコボコに腫らしながら、泣きべその健介が家族とともに退場する。
    健介は、リング上で泣きべそを見せたチキンとして格闘技史にその名を残した。

  • 試合後の各選手のコメント
    • 長州「アレ(負け)しましたけど、ど真ん中でせいいっぱいアレ出来たと思う。」
    • ヒクソン「イージーな相手で非常に不満だが、最後を飾ることが出来て嬉しい。」
    • 健介「正直、(応援してくれた皆に)スマンかった、と言いたい。」
    • 鈴木「もう一回、新弟子からやり直すべきだね。」

マグマ文庫に戻る


  • 長州"ザ・ビートル"力←ここですでに爆笑 -- 2003-11-20 (木) 18:16:54

広告
最終更新日: 2016-03-06 (日) 00:14:03 (892d) HTML生成時間: 0.013 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29