:マ管日報2005年03-04月

このページのURL
ワジャ族ノ里R
マグマへようこそ リロード  差分  添付  トップ  一覧  単語検索  最終更新  バックアップ  ヘルプ 
Top / :マ管日報2005年03-04月

マグマは2度移転しましたが無くなってしまったようです。
このサイトは2005年9月時点のマグマです。閲覧のみ可能ですので懐かしんで読んでみて下さい。

  • 2005/03/03
  • 2005/03/06
    • 日本初の常電導磁気浮上式リニアモーターカー(HSST)を使った東部丘陵線(愛称リニモ)の開通式典ときいて、リニアはもう走っていなかったかな?と思っていたら12号線とかは車輪式で違うことをしる。そうか、浮上式は凄いなぁ。自分は鉄分豊富じゃないので詳しくないけど、それでも子供の頃から騒がれていた技術が実用化されるとドキドキしますね。
    • チョコレートのお返しを考え中。紅茶かな?とか考えつつお店を物色したり。
    • しま田AA探し疲れた。そして、WJ板検索便利だな、と自画自賛。
    • 便利なら更新しようというわけで1053スレまでつっこんだ。自分以外が使っているかどうかはちょっと解らないけど。
  • 2005/03/16
    • やっとノートPCが修理から上がってきました。これでマグマもう少しいじれるってもんです。ここ数日仕事が忙しかったのもあるけど、ほとんどネットとか出来なかった自分がここに。やっぱノートって便利。
    • といいつつ、大将量産中。
  • 2005/03/18
    • 投票所の大将面白かった人は、ボクをほめてください。
  • 2005/03/21
    • 非難されるもの堪えるけど、変な褒められ方もいやだな、まったく……。
  • 2005/03/25
    • 自分の中ではトーナメント関係一段落。二次予選までラックリ休みつつ、こことかmixiとかblogとかほっといている色々な事を進めたいなと思いつつ。のこり1週間やるべき事はいっぱいだ。
    • 観戦写真もまとめ直さないとね。
    • たまには管理人らしく、pukiwikiを更新。1.4.5_1にしました。まぁ数ファイル変更しただけだけど。
  • 2005/03/29
    • 時間がありません('A`)
    • http://whatever.say.jp/program/snap_shot/site/11119739401777/index.html
      色々思うところがあったのでちょっと紹介。
    • ここ最近で一番の衝撃
      1コマだけコピペを貼られる。

      折角なので、続きを作って数個貼る。

      続きを考えつつスレをみる

      コテが残っている

      ('A`)
  • 2005/04/04
    • なんとかプロレス板勝ち抜けていますね。
    • マグマ的には、というかおいら的にはトーナメント全面支援態勢なので(おいらが決められるとするのであれば、マグマ公認ってくらいに)、用語集とか好きなようにリンクしてアレして下さい。それが燃料になるなら良いし、多くの人に楽しんでもらえるなら良いことでしょうから。
  • 2005/04/11
    • ネタまみれの人生に嫌気がさしてきますw
    • えっと、一応書いておこう。数日様子見で、アレ。
  • 2005/04/12
    • 正確には昨日なんですが、自転車で転倒。両手、膝をすりむきまくり。ここ2月で2度目の転倒に自分でも呆れます。もう少し落ち着け。前回よりは痛みが少ないかな、と寝て起きて身体のあちこちが痛くて半泣き。ちょっとだけ自転車が嫌いになる。
    • 自転車といえば、先月末に安いけど新車に変更しました。もっと高級車を気軽に買えるように頑張って稼がないと。
  • 2005/04/14
    • 擦りむいたり打ち付けたりで、身体中痛いです。
    • 昨年、保険を見直して怪我とか対応にしたんですけど、それから怪我しまくり。保険見直した時には同僚に「保険見直すと怪我しなくなるんだよな」とか笑われましたが、その後例の骨折があり、ここ最近連続で転んだりしているとその保険効果なのか?と笑ってしまいます。
      自転車に転んで怪我したくらいなら、別に病院に行くほどでもないけど(骨折していたらいかないといけないけどそれ程ではないので)、大きい病気したら嫌だなぁと思ったりしています。多分平気だけど。
      そんなわけで、指をざっくりきって瘡蓋になっているので、キーボード打つのも苦痛です。とほほ。
  • 2005/04/16
    • よし、なんとか時間作れた。後楽園にギリギリで入って、見終わり次第帰宅しないといけないけど、なんとかなったぞー。なんでこんなに忙しいんだ?
    • そして、後楽園で当日券なくてとぼとぼ帰る俺がいたりして……
    • まぐまな画像掲示板が何故か壊れたので、新まぐまな画像掲示板(塩)を設置。そして、リキプロチケットげとー。こんな設置を後楽園ホールの側でやっている自分、なんか馬鹿すぎw
    • 今日はリキプロの後仕事なので、速報は出来ませんが、ひろし観察か塩掲示板に数枚はうpしたいと思います。もしかしたらメインとかはアレする時間あるかもしれないけど。
  • 2004/04/18
    • リキプロ後楽園雑感
      • 第1試合 宇和野vsMIYAWAKI
        宇和野が良い体に見えて期待感あるが、エネルギー切れが怖いところ。前回1.5で宇和野は進化したと思うので期待。良い打撃とへなちょこ打撃があって、コンスタントに良いのが入らないのは問題だけど、気合いの入った打撃のあと、投げ技。エクスプロイダー風にみえるけど、キャプチュードってこういう形でしたっけ(無知ですね、自分)。もし、あれがキャプチュードなら、宇和野の前田に対するメッセージなのかも知れません。その後はジャーマンを決めて逆方エビ固めでギブアップ勝ち。終了後のゴングが鳴らない(しょぼい?)のでお客さんもポカーン。確かに宇和野の流れで逆エビなので決まってもおかしくなかったけど、締めの合図は重要だと思った。
        ハイスパート過ぎるきもするが次の試合もあるししょうがないと思う。第一試合だし適度な時間でいいかもしれない。
      • 第2試合 アジアン・クーガー vs 佐々木 貴
        セコンドの鮫さんが気になってしょうがない。片膝をついてリング内を見守る姿を「鮫ポジション」と銘々。鮫ポジションでマスコミに混ざっている鮫さん萌え。そして服装がだれよりも目立つ。もう少し考えろw
        試合の方はクーガーの立体的な技が遠くから見ていても分かりやすくて良いですね。佐々木はちょっとアレな気もしたけど。闘いとか、ハードヒットさとかそういう事を考えると微妙なんですけど、今日の興行を考えると1試合目が比較的ごつごつとしていて、この試合が飛び技ぽんぽん出てくるという感じで変化があってよかったですね。wj時代最初から最後まで同じような試合しか無かったと言われていたので、そういう意味では良いと思います。最後はラリート→垂直落下ぬれん系技で佐々木の勝利。
      • 第3試合 ディック東郷、日高郁人 vs スペル・クレイジー、浪口 修
        なにげに豪華なこの一戦。日高はベルトもってやってきました。何処のベルト?
        この試合はクレイジーの一人舞台です。素晴らしい。動き雰囲気があります。そこかの誌面でクレイジーの後楽園人気はすごいって読んだ気がするけど、実際にあれを見せられるとたまらないですね。それに技術で対抗していこうという東郷。素敵な組み合わせです。第3試合でいいの?って感じ。非常にここまでの流れ良く感じます。
        この面子の中で浪口だけがちょっと情けなく見えると思いますし、実際そばにいたお客さんも同じような感想をいってました。でも浪口をリキプロ道場で練習している未来のリキプロ戦士という視点から見ると、これからもっと伸びて欲しいという期待のマッチメークという考え方もできるわけです。
        浪口は今できることを一生懸命やっていると思うんですよ。でも線も細いし力強さもない。だから時々反撃できるけど潰される展開。他の3人が凄いだけに凄く弱々しく見えてしまいます(頑張っているのは伝わるけど)。自然にこの試合にとけ込んで、浪口が戦えるようになったら、ZERO-ONEも面白くなるのかもしれないなぁ、と思いました。その前にリキプロに移籍してくれたほうが個人的には嬉しいのですが。
        ショーンキャプチャーの後はディックの殺人フルコースで浪口が完敗。浪口に思い入れがある人には「もっと頑張れ」と見られる試合で、そうじゃない多くのお客さんには「浪口('A`)」という試合だったかも知れません。
      • 第4試合 矢口壱狼 vs GENTARO
        なんか微妙な試合ですね。GENTAROに黄色い声援が集まって、矢口が不機嫌そう。しばらくして場外戦になってGENTAROを引きずり回してお客さんを喜ばせる。その後は堅そうな机でなぐってみたり。鉄索あちこちに放りなげてみたり、西席を目指して不発(多分西攻撃を仕掛けるつもりだったんだろうけど)になったり。wj末期の頃は長州軍として戦っていた矢口だけど、最近の試合みると大仁田とかと一緒の頃はこういう闘いをしていたのかもなぁと思ったりしました。お客さんの側に選手がきて迫力あるのはいいね、みたいな感じ。こういう試合が有るのも悪くないなぁとは思うけど、興行全体を見ての話であって、この試合だけの純粋な感想だと正直とほほかもしれません。
        私はお客さんと対話するタイプの選手あまり好きじゃないんですけど、動けない分を客いじりでフォローみたいな感じが矢口からしてとほほでした。身体で押しつぶした後お腹をぱんぱん叩いて相撲の人を指さしていたのは、ちょっと面白かったけど。相撲の人大喜びしてたからw
        最後に凄い勢いでラッシュをかけていた矢口ですが、丸め込まれてGENTAROの勝利。これまたお客さんぽかーん。さらに、マイクをもってポカーン。「ブーイングがあったけど、嬉しいねぇ、愛を感じたよ。もっとブーイングくれよ(お客さんここでブーイング。後楽園のお客さんの半分は優しさでできています)。有り難うさんきゅー愛してる(みたいな英語)」とここで休憩に入るんじゃないかという微妙な空気をまき散らしながら終了。みんなが腰を上げつつあったところで次の入場テーマが流れてきて驚き。
      • 第5試合 高岩竜一 vs 関本大介
        弾丸田中が出られなくなったので高岩に変更。ZERO-ONEとリキプロの関係はわからないけど、豪華な交代です。ちなみにこの試合の時点で南側北側これだけお客さんが入っています。南とか高めの席が微妙に空いていたりしますが、立ち見席に人が居るのでそこの人間かも知れません(立ち見チケットはなかったので、みんなどこかの席をかって立ち見やバルコニーに移動していると思われる)。8割〜9割の入りでしょうか?ひろしはどこへ?
        試合はごつごつとしたリキプロ好みの試合かも。といいつつ単調な試合に見えました。これは高岩が悪いのか関本が悪いのか。印象深いのはフィニッシュシーン。雪崩式デスバレーで終わったかと思ったら関本が返してみんな驚き。高岩後頭部へのラリート(相手棒立ち)そのまま走り抜けて正面からのラリートでピンフォール。この唐突な終わり方がこの試合を象徴していた気がします。ここで休憩。この試合がどうこうよりも、4,5試合の間で休憩の方が良かったのかな?でも休憩後の展開考えるとここまでやって正解か……?
      • 休憩後
        前田・上井がリングに上がって挨拶。大前田コールに驚いてみたり。内容はマスコミ経由だと随分編集されているので、ワジャ族の里からアレしたほうが真実が伝わると思います。やっぱ完全版が良いよね。
      • 第6試合 長州力&宇和野貴史 vs 越中詩郎&青柳政司
        会場が前田ショックでざわざわした中、御本尊の入場曲が流れてきて越中・青柳組が入場。二人とも体調は良さそう。そして、大音量のパ(ryがかかると会場は一気に大長州コール。お前ら、前田にも大騒ぎして長州にも大騒ぎですか?と思ったけど、こうどっちが好きとかイデオロギーって感じより両方見て両方応援するってスタイルなんでしょうね。リアルマンセーみたいなのはちょっとどうかと思うけど、単純にくるのに反応して楽しもうってのもなぁ、と思いつつ。まぁ好き・嫌いを超越したところまで長州力ってのは行ってしまったのかも知れない。
        ロープをくぐろうとする長州軍につっかかろうとする御本尊。良い動きです。
        選手がコールされて、闘いが始まる。先発は御小vs御本尊。
        越中を座らせて肘を落としたり、サソリに入ったりなかなか良い動き。特に目立ったのが 9分過ぎの攻防。御本尊が宇和野を捕らえパワーボムの敗勢に入ります。青柳がトップロープから補助しようとしたところ、ものすごい勢いで御小リングイン。御本尊・宇和野をけ落とす。トップロープにいた青柳を捕らえ、トップロープからぬれんバスター。蘇生した御本尊が尻を叩くアピールからジャンピング尻で立ち上がった御小に攻撃。ふらつくが倒れない御小。右側、違うロープへ走り、リキラリート。越中をぶったおす。しかし、死角から青柳のニールキックをくらい、二人でもつれるようにリング下へ。まぁこの後宇和野が捕らえられてしまうのですが、見応えのある攻防でした。
        このように権利がない所を含めたら4分、御小の試合権利があった時間でも3分近くは働いていていたんですけどね。まぁこれでも実働2分とか書かれるんですね……
        御小が手抜きというより、宇和野の体力不足が目に付きました。1日2試合するほど体力がなかったのが敗因かと。宇和野には今回の悔しさを次につなげて欲しいと思います。マイクは非常に分かりにくかったけど「お前も頑張れよ」ってのはなかなかじんときました。
      • 第7試合 金村キンタロー&石井智宏 vs 黒田哲広&BADBOY非道
        メインの前に前田・上井退場。1-5試合も見ていたと前田が行っていたのでどこか違う場所で見たのか。ならセミだけなんでリングサイドなんだろう?と思ったり。
        最初に入場してきたのは金ちゃん。テーマ曲に乗ってリングサイドを一周。リングサイドで金ちゃんに並ぶ客。アパッチのファンも一杯来ているんですね……。リング上にあがって踊るのは一人。少し寂しい感じ。続いて石井ちゃん入場。アパッチ側は二人揃って入場です。
        試合は金ちゃんの動きの良さが目立ちます。いつになく(といっても、WJ・リキプロそして12月のアパッチしか見ていないですけど)テクニックを重視した動きです。金ちゃんは打撃+椅子攻撃とかの印象があるけど、腕をとって決めてみたり、赤コーナーとニュートラルコーナーの中心で石井ちゃんが相手を押さえたところに、赤コーナーから飛び込んでギロチン落としたりと良い動きです。
        アパッチ側もなかなか。黒田はいつもの客いじりも少なめで闘い、非道はぐっと重みを増した感じがします。非道は軍団を背負うという意気込みなのかも知れませんね。またベルトが掛かっているからかそれとも前田を意識しているのか椅子攻撃とか少なめです。
        私はこの展開をよそ行きというか、前田を意識したのでは?と解釈したのですが、前田など関係なくこの4人のレベルが上がったからこういう試合になったという意見もあり、見方なんだなぁと思いました。
        金ちゃんのダイビングセントーンで決まったかと思った試合もそれを返され、椅子→ラリートと非道がたたみ込んできます。耐えた石井ちゃんですが、凄い非道ちゃんボンバーが入り万事休す。第3代WMG王者は非道・黒田組となりました。
        金ちゃんの動きが良く押し気味に展開していたので愕然としました。勝ち負けがあるのがプロレスだけど、これでアパッチとの闘いに蹴りがつくんじゃないかと思っていたので意外でした。初代王者がベルトを狙いに行くのか?それとも石井・宇和野組なのか気になります。
        全体を通しては満足度の高い興行でした。お客さんも入ったし。満員に近い後楽園をみながらWJって何だったんだろう?って考えました。ホールに響く大音量の長州コール。リキプロの何が良くて、WJの何が悪かったのか。まぁ毎回これが最後って雰囲気がリキプロは良いのかも知れないけど、そこらへんじっくり考えてみないといけないと思いました。
        写真はいつも通り撮影しているので良かったら楽しんで下さい。
  • 2004/04/26
    • pagerank4きたー。幸せ。
    • コピペ長州規制再開。今やっている仕事が終わり次第通報。以前も同じ事をやっていて退会させていない甘いプロバイダに怒りを感じつつ。再犯なんだから、退会でしょ。
  • 2004/04/29
    • トーナメント終わってしまいました('A`)
    • wj板'のログがあふれつつあるので、位置づけを考え中。s53鯖は50Mしかないのに、wj板'とwj板+が同居しているのが問題なのね。
      • wj板’をs40鯖へ
        過去ログが全てs40に集まるので検索とかするなら便利かも知れない。解りやすくて。
      • wj板+をs40鯖へ
        一度s40からs53にうごかしたのにまた戻すのか?という問題もある。
        s40鯖に移動すればいきなりwj板+が有る鯖が削除される心配はない(今現在はs53なのでいきなり削除があるのです)
      • wj板+をx0鯖へ
        今万が一のバックアップであるwj板++をwj板+にする。現行wj板+鯖(s53)をwj板++とし、バックアップ体制も取る
        板移転は迷惑だよな、やっぱ・・・・

        と悩んでいます、なんてたまには管理人っぽい書き込みをしてみる。
  • 2004/04/30
    • 実は取ってなかった(容量がきついから)s53鯖のログを取るようにしてみた。数日様子見。ヲタめ・・・・。
    • 明日の祭り、いけない('A`)

広告
最終更新日: 2016-03-07 (月) 20:13:15 (985d) HTML生成時間: 0.062 秒
リロード   差分 添付   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
本サイトに掲載されている、すべての記事・画像・ムービー等の、無断流用・転載は《・∀・》カタカタ 。

このホームページについてWJプロレス概要 弊サイト管理人マグマ管理人(仮名)よりご挨拶WJスレ後援会

wjスレ公認サイト 世界日本制覇ワジャ族ノ里R
PukiWiki 1.5.0 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji Powered by PHP 5.3.29